オレンジリーフアロマ便り

英国KOBASHIアロマエッセンシャルオイルや手作り化粧品の事など、アロマにまつわるあれこれを綴っていこうと思います。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

プラナロムセロリ精油とクランベリーシードオイル

プラナロムのセロリ精油が到着しました。
セロリは残念ながら、KOBASHIにはない精油です。

プラナロムセロリは日本及びフランスでも最近まで在庫切れの状態になっていた精油の1つですが

このセロリ日本で購入するとなると10mlで6048円ナ~リでハードルが高いものでしたが

フランスから調達しまして、

あっ、セロリは蓋がプラナロムの新しいタイプのものになっている

さてセロリ&クランベリーシードオイルで美白対策

・・・・というか稲刈り時期の日焼け対策という事で

このセロリ精油1滴をKOBASHIのクランベリーシードオイル10mlに入れてみる・・・・という試みです。

どうなるかなぁ

さて早速プラナロムのセロリを開けてみましたが

ゲェーこの香り苦手

やっぱりセロリの匂いだコレ、

セロリそのまんまの香りです。

料理のセロリは大大大好きだけど、

これ肌に乗せれるかねぇ

同じせり科の日焼け対策精油のKOBASHIのキャロットシードオイルはまったく大丈夫なんですが、

果たしてセロリは慣れるかねぇ

でも入れて使ってみるのだ・・・・稲刈りの時にね・・・・(笑)

まだ稲刈りははじまっていないので、使っていませんが、いずれレビューしたいと思います。

ちなみにセロリは口腔ケアにも良い精油らしいので、
せっかくなので、手作りクレイ歯磨き粉にも利用してみようと思います。

フランスでは、セロリ精油は、静脈瘤とか痔とか、腎臓肝臓系の排泄系にとてもよく働くとあります。
あと鼓腸とか

あると便利というか色々と使える精油ではありますねぇ~

さて、来月のクランベリーオイル&セロリ精油の美白対策はいかに

乞うご期待

ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう






スポンサーサイト
【 2017/09/22 】 アロマ日焼けケア | TB(-) | CM(0)

キャロットシードオイルはやっぱり日焼けケアに使える

母がしばらく前にぎっくり腰になり、今も動けない事はないが決して動きがいいとは言えない状態になった

・・・・で今年のじゃがいも掘りの担当者は私で、

梅雨が明けた3日前に、畑に植えられていた3列のじゃがいもを掘る事になりました。

今年はじゃがいもは豊作で、どこもとてもじゃがいもの出来がいいそうなんですが

たった3列だけど、自分で掘るとなると、けっこうな時間がかかります。

それで、もちろん日焼けするよね~って思いましたが、

またもやズボラちゃん、麦藁帽子もかぶらず、

麻と綿でできたワッチのみという軽装備で臨むという・・・・・

・・・・で去年から手作り日焼け止めの酸化チタンが入ったものを使わずに

アロマテラピーで利用できる自然素材のみで日焼けケアに挑んでいます。

どの程度日焼けケアできるかなぁ

実験実験

・・・・で今年春先から新たに加わったのがキャロットシードオイルです。

それまでは、エッセンシャルオイル及びフラワーエッセンスの入ったハイドロラット

花梨の化粧水

エッセンシャルオイル及びフラワーエッセンスの入ったアロエベラジェル

シーバックソーンオイル及びクランベリーシードオイル(ラズベリーシードオイルも入れる事もある←でもこれは時々・・・)

カレンデュラローション

・・・・に今年はアロエベラジェルにキャロットシードオイルを1滴入れて使ってみたのですが


焼けない

・・・っていうか焼けてもいつもより回復のスピードが早い

これまでとは全く違う感じなのに、びっくりしました。

巷で言われているようにキャロットシードオイルSPF30~40はあながちウソではないのかも・・・・

自分で使ってみてそう思いました。

あーあーっ、これまたもっと早くに使っておけば良かった~って思いました。

キャロットシードオイルってその香りとかのせいもあって、

アロマテラピー界では地味な存在なので

利用価値を知っている人のみが上手く利用している感じがある精油かと思いますが

これは本当に使えますね・・・・

日焼けケア鉄板中の鉄板のシーバックソーンオイルやクランベリーシードオイル

アロエベラジェルとか、カレンデュラとかとはとても相性がいいのでおススメです。
ポチよろしく♪



その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう







【 2017/07/15 】 アロマ日焼けケア | TB(-) | CM(0)

届きました恒例の日焼けケアオイルシーバックソーンオイル&クランベリーシードオイル

日焼けケアオイル


ザ日焼けケア対策オイルのシーバックソーンオイルクランベリーシードオイルが届きました。

この2本を1~2滴ずつエッセンシャルオイルを入れたアロエベラジェルにブレンドして朝晩利用します。

この2本のキャリアオイルは日焼けケアでは鉄板のブレンドです。

このオレンジリーフアロマ便りのブログでも何回もでてきていますよね・・・・
売れているオイルでもあります。

キャリアオイル&アロエベラジェルの後に

ハイドロラット(フローラルウォーター)をたっぷりミストします。

・・・・で最近、

キャロットシードオイルも日焼けケア対策に新たに加わりました。

海外の日焼けケアアロマテラピー事情を調べてみると、

日焼けケアの際に有益なアロマエッセンシャルオイル(精油)及びキャリアオイルは

カレンデュラオイル(浸出油)KOBASHIにはカレンデュラシリーズが揃っています。

キャロットシードオイル(これは浸出油でも良いみたい)

ラベンダー

サンダルウッド

カモミールジャーマン(カモミールブルー)

ヘリクリサム

ローズマリー


などが書かれてあります。

日焼けケアとしてローズマリーやヘリクリサムを使った事は無いですが、

どうやら日焼け後のターンオーバー細胞再生みたいな事で使われているのかなぁ~と思います。

精油やキャリアオイルは日焼けケアには役立ちます。

私は何もしなかったら、おそらく今頃マックロクロスケのハズですが、そうはなっていません。

今年の春も例年一緒に稲刈りとかする近所のおばちゃんから、

オレンジリーフちゃん、焼けてない

普通もっと黒くなる、焼けるハズって言ってましたから・・・・

だいぶ違うのですねぇ(*^_^*)

・・・・と言うわけで、

毎年この2本のキャリアオイルだけは日焼け対策の為欠かせませんです

PS 只今、ヤプログ旧記事をカテゴリー仕分けちゅう、でもしんどい、キツいちょっとずつだよ、みんな許してね

よろしくポチっ♪
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

こっちもだよ♪



その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう







【 2017/06/03 】 アロマ日焼けケア | TB(-) | CM(0)

日焼けケアとキャロットシードオイル

さぁ、アロマ日焼けケアシリーズ今回は第何弾でしたかね



徐々にシリーズを重ねながら、進化の一途を辿っているハズ・・・・



今回は、以前から気になっていた日焼けケアにはキャロットシードエッセンシャルオイルがいいって話です。



調べると、美白でシミ、シワ予防、日焼けケアでヒットすると思われるこのオイルですが、



実際どうなんでしょうか



海外でも、日焼け対策では、キャロットシードオイルをシーバックソーンオイルと組み合わせて紹介される事もあります。



実際この2つをブレンドして利用してもいいかもしれません。



キャロットシードオイルを使った人は分かると思うケド、これブレンドに1滴でいいと思いますョ。



この香りが苦手な人もいると思いますから



ここで書いておきますが、臭いのではなく、この植物の独特の香りなのです。



キャロットシードオイルは、甘いうえに『セリ科』の植物ですから、



滴下は少ない方が良いという事です。



私は、この香りなので、シーバックソーンオイルにブレンドするより、



これだけで他とブレンドせずアロエベラジェルに1滴入れて



混ぜ混ぜして



日焼けケアの鉄板でもあるシーバックソーン&クランベリーシードオイルの前に利用しています。



・・・・で、かなりいいです



要するに何が以前と変わったかというと



保湿されたような感じになるところです。



しいて言うならしっとりモチモチするって感じかなぁと。。。



これ確かに老化肌にはプラスだろうな。。。。という気がします。



お肌に衰えを感じる人がいたらぜひ利用してほしいです。



出来てしまったシミにいいかは、分かりませんが



出来る前ならば、予防的な働きはあるのかもしれませんが、

まだ、利用して期間が短いのでそのあたりは、よ~くは分かりません。



でも、しっとりした感じになるし、クスミとかには良さそうって思います。



私はこれからも紫外線の強い時期は利用します。



ベースノートなので、敬遠して、使った事の無かった精油だったのですが、



でも今回試しに購入して良かったです





その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう







【 2017/05/28 】 アロマ日焼けケア | TB(0) | CM(0)