オレンジリーフアロマ便り

英国KOBASHIアロマエッセンシャルオイルや手作り化粧品の事など、アロマにまつわるあれこれを綴っていこうと思います。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

海外はパイン(松)とかブルースプルースとかファー(モミ)精油とかの使い方が上手い

海外を巡っていると感じるのは、

日本ではそれほど多用されないであろう針葉樹林関係の精油がよく使われているなぁ~という事がわかるということ

例えば、パイン、例えばブラックスプルースやブルースプルース

例えばバルサムファーとか

ジュニパーベリーは液果で日本では浄化で有名な精油だけど、これもよく使われています。

主に呼吸器関係で利用されている事が多いようですが

冬季の感染症対策とか

ディフュザーで香りを拡散する事とかをよくやっているんだなぁ~と分かります。

でも、日本では、たぶんユーカリとかティーツリーとかの方が一般的で、

樹木の精油にまで手が伸びる事は少ないのではないかなぁと思います。

ブルースプルースに関しては

確かヤングリビングでは

精油の周波数の最も高いとされているローズオットーを抜いて

428mhzでトップとかいう事で人気もあるのですよね。。。

針葉樹の樹木は葉が細く、環境ストレスの強い場所でも強く生きるといわれています。

環境ストレスが強い場所で生きるすなわち、

人間が強いストレス環境下で過ごす場合も役に立つ可能性が高いのだと思います。

日本人は樹木の精油の使い方が海外に比べると、ほんとあまり上手くないのかもしれないなぁ~といつも思います。

フランキンセンスやミルラに関しては樹脂で、

これらを上手く使える人は多いのだと思うのですが
(ミルラは扱いにくいので、限られると思うけど)

香水や香料としても秀逸なシダーウッド、サイプレスに関してさえも

海外に比べるとあまり出番がないのではないかなぁ

私も数年前まで、シダーウッドなんてタンスの虫除けぐらいでしか使っていなかったですが

実は私のような脂症体質には樹木系は最適な精油でした。

シャンプーやボディーソープではシダーウッド、サイプレスは大活躍の精油です。

・・・・で私がシダーウッドやサイプレスなどをよく使うようになって思ったのは、

かなり自分というものをしっかり持つようになるのではという事です。

これはスピリチュアルな意味です。

外界からの影響を受けやすい人が、他者と自分の境界線を作るという意味ではかなり使えるのかもしれません

そもそも樹木関係の精油の起源とかルーツを探ると、聖なるなんとか的なエピソードのものばかりですよね

見てみると宗教や部族の儀式と深く関わってきているものばかりです。
(瞑想とか呼吸に関与)

樹木って植物より大きいし、自己主張が強い訳ですし

だから存在感がある訳ですから・・・・

日本人がこれらを使うのが上手くない理由は

たぶん日本自体が繊細なエネルギーで出来ている国なので、

樹木自体のエネルギーが強すぎるのかもしれないですが

でも樹木関係の精油は扱い方を覚えると

とても有用なものが多いのも事実です。

私もこの数年使っていて色々と発見したことも多いので、
これから秋口になり冬季になるので、今がチャンスでぜひ使ってみてほしいなぁと思います。

柑橘系やラベンダーとブレンドするとほんと肺から奥深く呼吸ができるような感じになるから不思議ですよね~

ポチよろしく♪



その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう






スポンサーサイト
【 2017/08/17 】 精油と健康管理 | TB(-) | CM(0)