オレンジリーフアロマ便り

英国KOBASHIアロマエッセンシャルオイルや手作り化粧品の事など、アロマにまつわるあれこれを綴っていこうと思います。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

レイラインアリスの不思議の国へ精油を求めて





私は、昔から不思議の世界、謎な世界には親和性が高かったような気はします。



不思議の国のアリス、オズの魔法使いとか、



小学生の頃には、好んで雑誌ムーを読むような少女でしたらからね・・・(苦笑)



ゲームの初期のドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーは夢中になってやっていた過去もありました。



そんな私が20代前半で、精神的にも肉体的にも病んで、

(実際に、、病んでいたのは、幼い頃からだったと思うけど・・・)



その後、アロマエッセンシャルオイルに最初に出会う訳になるんですが



それがきっかけで、ど田舎にいても、フラワーエッセンスやホメオパシーを次々と知る事になります。



ホメオパシーの世界観は特に、自分の興味を強く惹き、



小さい頃から好きだった不思議の世界と



現実の世界との接点を、まずやっとここに見い出す事ができたように思いました。



それに我が家は、たまたま稲作及び畜産農家だった事も手伝って、

人間、動物、植物、鉱物、天体などを扱う自然療法は、より身近に感じられる事になったと思います。



さて、そんな私は今から2年前



自然療法の個人輸入代行をやる事を急に思い立ち



英国から個人輸入代行の為の精油(アロマエッセンシャルオイル)の業者をネットで探していました。



色々調べて、



その中にATC加盟の英国KOBASHIとOils4lifeがありました。



oils4lifeはKOBASHIでは扱っていないローズウッドを探し求めて辿り着いた業者でした。



その後、サンダルウッドのマイソール産を探して、

もう1箇所見つけたのが、ATC加盟では無かったのですがマジカルハーブ店のStar childでした。



私は、それぞれのメーカーのフィロソフィーにとても共鳴したのです。



KOBASHIの精油は届いて蓋を開けた瞬間、今までに無い衝撃が走り、扱う事を即決しました。



そして、oils4lifeのローズウッドなのですが、ローズウッドってメーカーによって

時々薬品っぽい香りがして、う~ん・・・・ってなるものがあるのですが、

それが無く、よい香りで、これもまとめて送ってもらう事にしました。



Star childはここからは、カレンデュラのハーブチンキを送ってもらいました。



送ってもらったチンキは、今までにない独特な香りとカラーで、

さすがマジカルハーブ店の魔女仕込みな!?ハーブチンキだわ・・・・と思いました。



その後・・・・



時々イギリスの事を調べて回っていました。



すると、この3店、よくよく調べてみると



あのこれってイギリスのレイライン上にあるじゃないの!!!



という事に最近気づきました・・・・。



えぇ、これって単なる偶然かな、それとも・・・・



レイライン(ley line)は



古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説のなかで、その遺跡群が描く直線をさす。



ウィッキぺディアより



セントマイケルズライン地図リンク



KOBASHIデボンダートムーア東の果て



Star Child グラストンベリー 周囲にチャリスウェルやストーンヘンジがありイギリスのパワスポで有名



oils4lfeノーフォーク、グレートヤーマス




イギリスのレイラインはグレートヤーマスから

グラストンベリーを通り、ダートムーアの上の方を通っていくんですが



えぇー、3つともレイライン付近ですね・・・・。



いや、いい精油を探していたら偶然にも行き着いたこの3軒



なんかやっぱり、独特の磁場がその周辺には、あるんじゃないでしょうかね。



よくは、分かりませんケド・・・。



生命力を活性化するような何か・・・・。



精油の香りもとても良いですし。



いや~、私の人生第二章、不思議の国にいざなわれているとしか思えない(笑)



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね





スポンサーサイト

日焼け止めを使わない日焼けケアラズベリーシードオイル編

私は、日焼け止めを使わないタイプで、日焼けをしても、あまり気にならない人なんですよね・・・・。



それで、特に日焼けに対して何か特別な対策をやっていた訳ではなく、

いつもやっているスキンケアをいつも通りにしているだけだったのですが



去年、母が「あんたどんどん黒くなりよるよ!」と言うので、



KOBASHIのカレンデュラシリーズを使って日焼け対策をやってみたのです。



去年はKOBASHIのカレンデュラスージングやカレンデュラクリームに



手作り化粧品素材の酸化チタンを入れて、それを塗って使っていました。



そして、今年、今度はこれを使うのではなく



キャリアオイルを使って日焼け対策というか日焼けケアができるのではないかな?と思い







早速夜の洗顔後、ブースターに使っていたラズベリーシードオイルを、



夜使うのをやめて



朝、水で洗顔した後、



アロエベラジェルを塗って

(最初にアロエベラジェルを使う事によって、さっぱりしたオイルを顔全体に馴染ませる事ができる)



その後に、ラズベリーシードオイルを1~2滴塗って、



花梨の化粧水、及びネロリのハイドロラットで作った手作りのヒアルロン酸化粧水をスプレーしています。



う~ん、肌心地は今のところ良いですが、



どうなるでしょうかねぇ。



紫外線対策でよく使われるラズベリーシードオイルは、

SPF28~50、PA++ぐらいの働きがあるようなのですが、実際には、どうでしょうね?



しばらく使って試してみたいと思います。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



ヘアケアオイルにラズベリーシードオイル

ヘアケア用のオイルはしばらくKOBASHIのローズヒップオイルを使っていました。



ローズヒップオイルはべたつかなくて、

ツヤも出るし、まとまりやすくなるので重宝していました。



ヘアケアといえば、日本は椿油が有名ですが



そう私も使ってましたよ、椿油・・・・。



でもね、これ、もともと黒くて多い私の髪みは重たすぎるのですよ~。



そこで行き着いたのが、不飽和脂肪酸含有率の高いオイルのローズヒップオイルでした。



しかし、ある時、ふとローズヒップオイルの代わりに



ラズベリーシードオイル2滴をアロエベラジェルに混ぜてヘアケアに使ってみたところ



とてもgood!!!な事が分かりました。



ローズヒップよりも、さらにベタつかず、サラサラになります。



なにしろ、KOBASHIはシャンプーの後のトリートメントが特に用意されていない為



試行錯誤していたのですが



フローラルウォーター(ハイドロラット)を

ヒアルロン酸など入れて手作り化粧水としてアレンジしシャンプー後の髪にスプレー



アロエベラジェルとキャリアオイルのブレンドをつけて、ドライヤーという方法に落ち着きました。



この方法は手もかからず、ヘアケアにとても良いのです。



・・・で、この時に使う、キャリアオイルを今、色んなものを使ってどれが良いのかな~ってお試している最中です。



今回のお試しでは、ローズヒップよりもラズベリーシードオイルの方が使用感が良かったです。



きっと、紫外線の季節に入った今、紫外線対策に利用されるラズベリーシードオイルは、



髪を保護してくれる可能性も高いでしょう。



ラズベリーシードオイルって使える~。



こんなに使用感がいいって知ってたら、もっと昔から使っていたと思うのですが・・・・。



これは思ってた以上に、なかなか使えるオイルですわ・・・。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね





関節痛とジンジャーエッセンシャルオイル(精油)

この間届いたジンジャーのエッセンシャルオイルの蓋を開けて



関節の痛みに対するラストックス&ルータ手作りホメオパシークリームに1滴加えてみました。



KOBASHIのローションラグジュアリー(乳液状のベース) 50ml

ラッストックス&ルータのホメオパシーアルコールポテンシー 2滴

レモン 1滴       

ラベンダーファイン 2滴

ブラックペッパー 1滴

ジンジャー 1滴



をブレンドして作ってみたところ、



身体の悪い部分に電気がビビーッと走る感じがして



翌朝、痛みは緩和されており、とても、良かったです。



左股関節から左膝は引っ張った感じがあったのですが、



痛みが軽減されたので、可動域も広がった感じがしました。



ジンジャーは刺激の強い精油なので、1滴のみ、

ブラックペッパーも刺激が強いので1滴です。

(スパイス系の精油は使い過ぎる事のないよう注意しましょう。)



どちらもスパイス系の精油ですが



身体が湿っている人の関節痛には、良いのかもしれません。



ジンジャーは火の性質です。



ブラックペッパーにも引赤作用があり、温めて、循環を助けます。



今まで、ジンジャーの精油なんて使った事もありませんでしたが



・・・・というか、以前は関節炎なんて、自分とは関係がなかったので、

きっと目にも止まらなかったのだろうと思います。



ヒリオス社のホメオパシークリームラストックス&ルータに使ってあったのを見て、今回頼んでみたのでしたが



体感的には、予想以上に良かったので、ジンジャー精油も、

マージョラムスィートと一緒で関節痛対策の私のお気に入りになりそうです。



ジンジャー精油って使った事が無かったので、どんな香りかな~って思っていたんですが



通常の生のしょうがより、ドライで乾いたような香りでした。



サラダの中華ドレッシングのブレンド同様、レモンなどとブレンドすると、とてもよく合います。

トリートメントにはセサミオイルなんかも入れても面白いですよね。



KOBASHIのものは中国産のジンジャー精油です。



ジンジャーは中国や東南アジアが主要産地になります。



今回は股関節から膝に使いましたが、このまま肩こりの際などにも応用できそうです。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



関節の痛みとキャリアオイル

私には左股関節と膝に痛みがあり、



対処療法的ではあるのですが、ホメオパシークリームをKOBASHIのベース基材のクリームベースと

ホメオパシーレメディーのアルコールポテンシー及び精油で手作りして使っていました。



ある時、これに、ふとKOBASHIのキャリアオイルのローズヒップを加えて使ってみたところ



いつもよりも、痛みが和らいだような気がしました。



う~ん、キャリアオイルって「痛み」にも良いのかもしれないと、ここで改めて気づく事になりました。



キャリアオイル関係の本を見ると、確かに、

時々歴史的に関節痛やリウマチなどの痛みに使われてきた・・・とかって記述を見る事があります。



キャリアオイルには不飽和脂肪酸が多く含まれています。



この不飽和脂肪酸には、代謝活性があり、この物質は人体に必須でありながら



残念な事に人体で合成できないという物質らしいのです。



・・・・という事は、外から補わないといけない・・・・。



でも、どうなんでしょう・・・。



これって何にでも入っている訳ではないし、

人間が生活の中で、この物質を充分にとれているとは限らないですよね~。



私達には、本当によい油、オイルが体の節々に足りてないんじゃないのかな?って思いました。



だから痛みが強くでるのかもしれないですよね・・・。



比喩的ですが、人間の身体も壊れた機械にはやっぱり油を注さないとダメなのと似ている訳ですよね。



そこで、今後は関節の痛みなどに対して、積極的にキャリアオイルを使っていこうと思いました。



精油はもちろん脂溶性ですから、キャリアオイルにはよく馴染みますし、



身体にも入っていきやすくなります。



クリームではない、オイルだからこそできる事(仕事)もある訳ですよね~。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね





精油の質について考える パート2

今日、英国KOBASHIより頼んでいた精油が届きました。



蓋を開けてみると、う~ん、精油生きてるねぇ、やっぱりいい香りだわぁ~と嬉しくなりました。



私はアロマテラピーは大好きで、

今まで、色んなメーカーの精油を買っては使ってきたのですが、



モノというか種類によっては頭痛がすることがありました。



例えば、ネロリ、プチグレン、どちらもスモーキーな香りで、他を圧倒する為、とても心地良い香りとは思えない・・・。



クラリセージ、これも乾いたような心地よくない香りのおかげで、な~んだかクラクラして頭痛がしてくる始末・・・。



フランキンセンスも土煙の重たい香りがダメな事もあった・・・。



ところが、KOBASHIの精油ではいずれも頭痛のようなものが起こる事はなく



それぞれの植物の個性はありますが、どれも、心地よい余韻の残るような芳醇な香りに感じられます。



ネロリ、プチグレン苦手じゃない・・・。



クラリセージも大丈夫そう・・・。



フランキンセンス、こんなにフレッシュなものなの、びっくり・・・。



ずっと頭痛がしていて、自分では、とても苦手だと思っていた精油が大丈夫なのです。



やっぱり、精油の質って改めて、大事だなぁって思いました。



精油の良さが損なわれる理由って、きっと無数に存在すると思うのですね。



最初の植物の管理や蒸留の圧のかけ方、どういう場所で保管されているのかとか、



どこから、どういう輸送経路でどの程度の時間をかけて、



その精油が現地から運ばれて、どういう手順で、瓶に詰められているのかとか・・・・



きっと、無数にあるんだと思います。



その全てを私たち使い手が知る事は難しいのかもしれませんが



精油の蓋をあけて、頭痛がするのとしないのでは、随分違う訳ですから



やっぱり、本当に心地よいもの、

感覚的に、自分の良いと思ったもの=自分を満たしてくれるものを使っていきたいなぁと思いました。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



サトルアロマテラピーは、心を開くのを助けてくれる

私は今日、今から7年前に弟を亡くしました。



やはり、ここから、自分の心に氷山ができはじめたように思います。



しかし、2年前から、自分自身に対して、



フラワーエッセンスとアロマエッセンシャルオイルを取り入れ始めてから、

やっとやっと流氷のように氷が解けて、徐々にですが流れはじめてきたように思います。



フラワーエッセンスとエッセンシャルオイルをトリートメントで組み合わせる事もよくあります。



本当に以前に比べると、状況は変わらなくても、



心が軽くなったというか、ラクになってきたのが自分でも分かるのです。



それまで、ホメオパシーを中心にやっていた時とは違った自分の中の変化でもありました。



昔っから知っていたフラワーエッセンスとアロマセラピーなのですが



どちらも別々にやった事はあっても、

2つの療法を組み合わせてトリートメントするような事はありませんでした。



それに弟が亡くなってからの私は



アロマやフラワーエッセンスを例えば牛舎などで、動物にはやっていても、

自分にはあまりやってはいませんでした。余裕も無かったのです。



以前からやっていたアロマやフラワーエッセンスだけど、

この療法では、心までは変えられない=変化を与えられないという気がしていました。



でも、急に学ぼうと思って、また自分にやってみようと思ったのです。



フラワーエッセンスをやっている最中に、英国KOBASHIのエッセンシャルオイルにも出会いました。



フラワーエッセンスとエッセンシャルオイルの組み合わせは



パトリシアデービスの著書サトルアロマテラピーでも触れられているものでもあります。



ゆっくり時間をかけながら、何か自分の中で徐々に動いていく感じがある・・・。



そういう風に感じました。



もちろん最終的には、自分自身なのだと思います。



それでも、何かしらのきっかけ、扉を開けるきっかけを作ってくれたり



どうしようもなく疲れている時でも、微細なレベルで調整する力があるのではないかなと思いました。



これは、自分の中で、新しい発見でもありました。



流れる事もなく、厚い厚い・・・氷ができていた私の心だけど



それでも、それでも、こうやって少しずつ変化があるものなのだと実感できた事が素直に嬉しいのです。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



キャリアオイルを上手く使う方法

最近、ずっとキャリアオイルを上手に使う方法はないかな~?って考えていました。



キャリアオイルが本当に良い物だってわかるけど



液体のままだとやっぱり油な訳なので、ベタベタするので扱いにくい訳ですよね~。



それをなんとかしたい訳です。それに酸化していくじゃないですか不飽和脂肪酸の多いオイルって・・・



さ~て、蓋を開けて酸化しないうちに新鮮にそのキャリアオイルの働きを損なわず

上手くボディーやフェイスに使うにはどうしたらよいか思案中でした。



そこで、見つけたのがシアバターホイップクリームづくりです。



バター類は融点が高いので、常温だと固体です。



このバター類とキャリアオイルを溶かして、この溶かしたオイルを氷水で冷やしながら



ホイップしてつくるクリームの事です。



ケーキ作りの際のホイップクリーム作りの要領と同じですね。



オイルとバターだけでクリームを作るので、水分を加えない為、これだと乳化剤も必要ありません。



おぉ~



これは、よさそうです。



自分の気に入ったキャリアオイルと



シアバター、ココアバター、ココナッツオイル(固形)あたりで作ると良いですね。



こうすれば、オイルベタベタ、扱いにくいはないんじゃないでしょうか?



今度、シアバターを取り寄せて作ってみる事にします。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね





KOBASHIのアルガンオイル





KOBASHIのアルガンオイルを頼んでみました。



KOBASHIのアルガンオイルはコチラ→アルガンオイル



KOBASHI商品で最も人気のあるキャリアオイルはアルガンオイルです。



モロッコの限られた地域でのみ成育し、

100kgの実からわずか1Lしか取れない希少なオイルです。



この木には鋭い棘あるのですが、かつては・・・というか今もそういうところもあるのか

その木にヤギが登って、この実を食べ、そこでこぼれ落ちたものを拾ってオイルを採っていたそうです。



砂漠地帯の傍という環境で育つので、乾燥や紫外線からの保護としても使われており

調べてみるとアラブ伝統医学ではリウマチや関節痛、火傷、湿疹などにも使われていたようです。



えぇー、そうなの?



私の関節痛にも使ってみたいです。



オレイン酸やリノール酸、ビタミンEが豊富です。

不飽和脂肪酸が豊富なので、ベタつきは少ないですよね。

(飽和脂肪酸の含有量の高いオイルは、ベタつきます。)



・・・という事は、オイル美容道、

化粧水前のブースターとしても良いかもしれませんね。到着したら早速使ってみます。



アルガンオイルにはローストされたものと、ローストされていないノンローストタイプとあり



ローストされたものは香ばしい香りで、褐色、料理に利用されるものと



後者のノンロースとは化粧品等に利用され薄い黄色もしくは無色のものとがあります。



KOBASHIのアルガンオイルは、後者のノンローストのもので、

エコサート認定を受けた信頼のあるサプライヤーより供給しています。



さてどんなオイルが届くでしょうか?



以前から興味はあったものの使った事がなかったのがアルガンオイルだったので到着が楽しみです。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



口腔ケアに良いエッセンシャルオイル(精油)

口腔ケアに良いエッセンシャルオイル(精油)を調べてまとめてみました。



口腔ケア領域といえば、歯肉炎や歯槽膿漏などですね。



我が家では、



レモン



スペアミント



もしくはペパーミント



フェンネルスィート



ミルラ



の4つが鉄板ブレンドになっています。



この4つをブレンドしてクレイ歯磨き粉を作ったら、



確かに歯茎からの出血や、炎症も軽減されていきました。



クレイは歯の治療の重金属に関しても、良いのだろうと思います。



他には



ベルガモット



ティツリー



セージ



タイムリナロール



などもあります。



しかし注意しなければならないのは、フェンネルスィートやセージ、タイムは、それぞれ刺激の強い精油ですので、取り扱いには充分に注意しないといけません。



フェンネルスィートはメランチンの毒性に注意、癲癇の人は使用しないもしくは、濃度には注意



セージは高い比率でツヨンを含んでいるので、取り扱いに注意の精油です。

妊娠中は一切用いない事、また癲癇の人も使用しないように注意



タイムも皮膚刺激性があり、取り扱いに注意は必要で、わずか0.1%歯磨き粉に入れても、細菌に対して耐性を示すそうです。・・・・という事は希釈の際の濃度にとても注意しないといけません。

タイムにはケモタイプが発生するので、

刺激性の少ないタイムリナロールが他のものと比べると温和であると言われています。



特に刺激性の強い精油は、最初にブランデーで希釈しておいた方が良いと思いますが



やっぱり口腔内のケアなので、刺激の強い精油は避けて、穏やかなものを用いた方が無難ですね。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね