オレンジリーフアロマ便り

英国KOBASHIアロマエッセンシャルオイルや手作り化粧品の事など、アロマにまつわるあれこれを綴っていこうと思います。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2014年06月 】 

KOBASHIのクランベリーシードオイル





英国KOBASHIより、クランベリーシードオイル10mlが到着しました。



クランベリーシードオイルは、オメガ-3、オメガ-6、オメガ-9という人間の身体では合成できない脂肪酸を含み

ビタミンミネラルも豊富で、抗酸化の働きの強いオイルです。



その為、他のキャリアオイルに少量をブレンドする事で、酸化する事を遅らせる事もできるようです。



おぉ~、凄いじゃないですか・・・



私は、キャリアオイルのブレンドというと、

マカダミアナッツとホホバオイルのブレンドをよく利用していたのですが



今後は、クランベリーシードオイルを使っても良いかもしれませんね~。



UV対策といえば、キャリアオイルでは、ラズベリーシードオイルが有名ですが



クランベリーシードオイルにも、同じような働きがあるようです。



しかも、このオイルには、美白で著名なアルブチンを天然に含んでいるという・・・・。



ちなみに美白に良いらしいエラグ酸も入っているという・・・・。



す、すっごいじゃないですか・・・・





日本では、美白といえば、ローズヒップやラズベリーシードオイルがよく名前が挙がるような気がしますが

クランベリーシードオイル、なかなかヤルじゃないですか・・・・。



今回、母の入院の際に、私も数日ホテルに泊まるので、



持ち運び可能なヘアオイルとして使おうと思って購入したんですが



ヘアオイルとしてでなく、これ1本で色んな事に使えそうですね~。



私は、不飽和脂肪酸の多いオイルがヘアケアオイルとしてベストと分かったので、



ローズヒップオイルやラズベリーシードオイルをアロエベラジェルとブレンドして使ってきたのですが



今後は、クランベリーシードオイルも仲間入りです。



私のように太くて髪の量が多い場合は、椿オイルなどはヘアオイルとしては、重たくなりすぎるのですね~。



そういう場合に、ローズヒップ、ラズベリーシード、クランベリーシードオイルのような不飽和脂肪酸の多いサッパリしたキャリアオイルを利用する方が良いですね~。



クランベリーシードオイルは、酸味のある香りも手伝って、使う前から、なんだかワクワクしてしまいます。



オレンジリーフアロマショップ



さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
という事で



英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね





スポンサーサイト