FC2ブログ

ラベンダー生きた香水

この度は台風19号にて被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
復旧には時間がかかると思いますが、皆様の無事を願います。


ラベンダーワイルド

ラベンダーワイルド 1800m
フランスアルプスマルティムを野性種及びオーガニック専門のエッセンシャルオイルを取り扱っているドイツのセバスチャンから送ってもらったのですが、さっき、無事に到着しましたか?とチェックしてくれていて、心配してメールしてくれていました。

蓋を開けて思ったのは、

香りが強く、逞しい、さすが手つかずのワイルドと思いました。
しかも、何ていうのかなぁ、香りの最後の方にミントではないのだけど、風が吹き抜けるような爽やかさがある。

これは、生きた香水です。

人工の香水では、再現できないであろう魔法

わずかな量をKOBASHIのソープベースやネロリハイドロラットにブレンドしましたが、香りのブレンドがより深くなり、香水のようになるのです。

セバスチャンのサイトによると手つかずの野性種のエッセンシャルオイルは、栽培のものより香りが複雑なのだそうです。

人から生かされたものではなく、自然が活かした。

自然界の中で、自分の力で生きるしかなかった事を考えると

必然的に香りが強くなるのは、頷けます。

ドロッパーがちょっと難点で、滴下がとっても早すぎるという事だけが、ホント注意しないといけないところなのですが、
(だから、ゆっくり慎重に傾けて、コツをつかまないと・・・・)

1滴だけでもいい~2滴か3滴までぐらいで充分な感じです。多くを必要としない。

KOBASHIのラベンダーは、ラベンダーがブルガリアとラベンダーファインがフランスドローム県のものですが、
こちらはオーガニックで栽培されたものです。

この2本は、きっと、栽培も蒸留も心を込めて丁寧に行われたものだという事が分かるラベンダーのエッセンシャルオイルです。

優しく甘く、フローラルでフルーティーです。

KOBASHIのラベンダーもラベンダーファインも、市場によくあるようなグリーンフローラルな香りのラベンダーとは一線を画すものです。

なかなか他にない・・・。

しかし、今回のラベンダーワイルドを使ってみて思うのは、
これは、本当に手つかずの自然が培ったものなのだなぁと分かるものでした。

ラベンダー1つとっても、この様に違いがある。

セバスチャンが精油には精霊が宿っており、売買も愛に満ちたものでないといけないと記していました。

フランスのサイトを見て回っていた時に、ある蒸留者の方が書いていたのは、

野性種から精油をとる時でも、ミツバチなどの活動を決して妨げないようにミツバチ達の仕事が終わる頃、期間を限定して、
自然を壊さないよう採取するとあって

これって、一番日本人ができそうで、できない感覚と思いました。

グラースの傍らにあるアルプスマルティム地方

昔から、ラベンダーは香りの物語の中で生きてきた。

時をかける少女の話、芳山和子はラベンダーの香りを嗅いで意識を失った。

ケルトの伝統、そしてタイムリープの秘密、

今さらながら、ラベンダーほど神秘的な芳香植物は無いと思う。


ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう

スポンサーサイト



テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

最近ラベンダーファインもよく出ています

以前からオレンジリーフアロマショップではラベンダーはとても人気のあるエッセンシャルオイルでした。

何本かまとめての購入される事もよくあります。

最近は、ラベンダーファインもよく出るようになりました。

KOBASHIはラベンダーもラベンダーファインもどちらも一押しぐらいに力を入れている精油でもあります。
どちらも比類なきラベンダーです。

この2つの違いは、まず産地が違います。

ラベンダーはブルガリアが産地です。
ラベンダーファインはフランスのドローム県のものです。
ラベンダーワイルドの産地はフランスなので、ワイルド野生種、自生種に近いという意味では、
ラベンダーファインの方が近いと言えるとおもいます。

この2つの香りを比べると、簡単に書けば、
甘く優しいのがブルガリアのラベンダーで
ハーブ調でなおかつ甘く優しいのがフランスのドローム県のものになります。

いずれも甘く優しいフルーティーな感じがするというのは、KOBASHIのエッセンシャルオイル全体の印象です。
日本で普通に購入するものだと、なんかズーンとした重たい感じがする精油も多くありますが、

その点において、KOBASHIのものは違う印象を受けるものが数多くあります。

ラベンダーはブレンドの際にも、バランスをとるのがとても上手い精油で、

アロマテラピー初心者さんがどうやってブレンドを作ろうかな~と考える時に、

柑橘系のエッセンス及び水蒸気蒸留法精油と

ラベンダーと

他の精油、

例えばイランイラン、例えばカモミールローマン、例えばユーカリ、例えばジュニパー、例えばクラリセージetc etcと

何の精油を持ってきても、香のバランスとしては心地よいブレンドに仕上がります。

何も頭に思いつかない時は、ラベンダーとブレンドすると良いのです。

それぐらい役に立つ精油です。

ラベンダーに関しては、実際がっかりした事がある人も多いのではないでしょうか?
そういう人程、KOBASHIのラベンダーを使ってほしいと思います。

ラベンダーのスピリットとも繋がる事ができる本当に素晴らしい香りのものです。

ぜひ1度は手にとって頂きたいと思います。

ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう


テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

ローズの精油は永遠なのか・・・

ローズオットーの精油はとても高価ではあるのですが、

そこにあるのと無いのでは、

雲泥の差があるという事が

特に最近になって分かるようになりました。

以前は、ローズオットー精油は必ずしも無くてはならないものとは思っていなかったように思います。

しかし、大人になると分かるというか、

歳を重ねるとその意味が分かるようになる・・・という話と似たようなものかもしれませんが

ローズオットーは香りの中に芯を作るというか、『自分軸を作る働き』というのと似ているような感じがします。

バラ科というのは、この地球上でものすごく繁栄した植物群だという事ですが、
やっぱりそういう力強さがこのローズオットー精油の中にはあるのだなぁと感じます。

フローラルでありながら瑞々しい感じを失わず
しなやかなのに、力強いという特徴を持っているように思います。

なぜ女王なのか、

精油の中でも、もっとも波動が高いと呼ばれている320 MHz
(波動特性はその植物がもつ生命力のようなものと因果関係があるらしい・・・)

たくさんの花から少ししか取れない精油でもあり、

それを摘み取る労力や労働も大変なもので

昨今は天候の関係もあって、より一層希少性を増しているように思います。

ローズオットーの精油は消費期限が一応60か月程度となっているようです。

60か月という事は、5年間程度という事になる訳ですが、

本当に品質の良いローズオットーは有効期限がなく使える精油でもあるとブルガリアサイトには書かれてあるものがあります。

ローズオットーも時間の経過とともに、熟成される精油の1つです。

時間の経過とともに、粘性が出ると思いますが、『保管が良ければ』、それでも利用できる精油です。

香りは、本当に生き物なんだなぁと、つくづく思います。

ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう


テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

ローズオットーのエッセンシャルオイル(精油)の深み

オレンジリーフさんは、

いつもKOBASHIのエッセンシャルオイルをドクターブロナーのベビーマイルドの無香料タイプにブレンドして

洗顔するのだけど、ある時ふと思った。

いつものと香りの奥行きのようなものが違う。

もちろん、数か月ごとに使い切ったら、違うブレンドにして使うのだけど、

今回は、あのいつもの深い香りになっていない・・・・と感じたのねー。

それで、何が足りなくてこうなったのか

・・・・と考えた時に、そうかー

たぶんローズオットーだ、今回は薔薇の香りを入れていないという事に気が付いた。

それで、ローズオットーの2%ココナッツブレンドを追加してみたところ

やっぱり、深い香りになってバランスがよくなり落ち着くようになりました。

いつもブレンドするローズオットーなのですが、あえて、ブレンドしなかったのは、

他にネロリとかヘリクリサムとかがあるので

ローズオットーを抜いてブレンドしても大丈夫と安易に考えたからでした。

しかし、しかし、やっぱり使った時に、香りの中に何かが足りない感じがあって、
ブレンドして使ってみても体感として充足する感じがないのです。

ローズオットーは高いので、なかなか精油そのものを購入する機会も難しいのですが、
(もちろんKOBASHIのローズオットー2.5mlは本当にホンモノ素晴らしい香りのものです。)

KOBASHIではココナッツオイルにローズオットーを2%で入れたものも販売しています。

クリックプリーズ→ローズオットー2%インココナッツ

このブレンドはローズオットーを購入できない人にはとても良いものです。

ちなみにKOBASHIのUKショップでは3番目に売れている精油なんだそうですよ~。

ローズを入れるだけで、魔法のように香りに深みが出てバランスがとれるようになるなんて素晴らしい

やっぱりローズオットーは香りの女王と呼ばれているけど、今になって意味が分かります。

特にローズオットーの香りの効果は、

ブレンドして時間がそれなりに経った時ほど分かります。

柑橘系のエッセンス及び水蒸気蒸留法の精油や

ラベンダー、イランイラン、ネロリなどの花からできる精油etc

サンダルウッドやサイプレス、シダーウッド、フランキンセンスなど樹木系と

ブレンドする際に特にそれを感じます。

インドでアッターが作られるときにローズやサンダルウッドが使われますが、その意味がほんとよく分かります。

ローズオットーが無いと深い味わいのある女優が物語の中にいないのと一緒みたいな感じになってしまいます。
味気ないものに仕上がってしまう。

なんででしょうねー。

これが香りのフシギだと思います。

瑞々しい少し湿っぽいフローラルな感じが入らないとダメみたい。

この瑞々しい湿っぽい感じっていうのは、薔薇の花が咲く季節と同調してるのかなぁとも思いますが、

面白いけど、これからの季節にピッタリなのがローズの香りです。

ローズのフローラルウォーターハイドロラットも今からの季節に大活躍のものです。

ぜひ良かったら手にとってみて下さいね~。

ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう

テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

KOBASHIのおススメ精油はなんといっても柑橘系水蒸気蒸留法

今年もKOBASHIの柑橘系水蒸気蒸留法は人気です。

レモン水蒸気蒸留法  産地 スペイン
ベルガモット水蒸気蒸留法  産地 カラブリア
グレープフルーツ水蒸気蒸留法 産地 カラブリア
オレンジ水蒸気蒸留法  産地 カラブリア
そしてKOBASHIのライムも水蒸気蒸留法です 産地 メキシコ

光感作及び光毒性のない水蒸気蒸留法で産地も良く(ほとんどがヨーロッパ)
品質も良い柑橘系水蒸気蒸留法のものを揃えているのは

そうそう無いのではないのでしょうか?

柑橘系のエッセンスの産地は、最近だとブラジル、イスラエルなども多いのですが、

KOBASHIのものはヨーロッパです。

しかも、ベルガモットで有名なイタリアのカラブリア

非常にいい場所です。コロンに使われたほどの芳香を持つベルガモットなのですから、
その作物が育つ『土壌』が何より大事です。
産地はダテに産地ではないのだと思います。

その場所には、KOBASHIも大切にしている概念の『気』が宿っているのだと思います。

フランスのワインのテロワール

テロワールとは、場所、気候、土壌

ワインに使われるブドウを取り巻く自然環境の事ですが

そう、この中に、全てが凝集されています。

標高、気候、斜面への太陽光の当たり方、方位、風、湿度、気温、降水量、土壌の微生物環境etc,etc,

たぶん、まだ、まだ考えると、たくさんの要素が含まれています。

テロワールは、ワインでよく言われている用語ですが、もちろん、
これはワインに使われるブドウに限った事(話)ではないと思います。

欧州の柑橘系エッセンスやエッセンシャルオイルは、生産量は、それほど、多くはないかと思います。

だからこそ、貴重かと思います。

ぜひ、一度使ってみて欲しいと思います。


ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう








テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

プロフィール

オレンジリーフさん

Author:オレンジリーフさん
アロマテラピー愛好家、AEAJアロマテラピーインストラクター。アロマ大好きで英国KOBASHIのエッセンシャルオイルの個人輸入代行をしています。KOBASHIの精油は透明感のあるピュアな香りです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ご注意
こちらのブログでは、アロマテラピーなどの日々の体験談を記録しておりますが個人でご使用された際の、当方での一切の責任は負いかねますので病気や健康不安等ある方は、医療機関及び専門家への受診をお願いいたします。
アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR