FC2ブログ

風に乗って香る『薫り』の心地よさ

アロマテラピーを知ってから20年ぐらいは経つのかなぁと思いますが、

本来自然界の植物の香りっていうのは、風とか空気とか、
たぶん海とか川とか森とか林とか人間も含んで動植物とか土地とかその他の諸々の連動というか振動によって

ごくごく自然に流れてくるものだと思います。

だからかもしれませんが、

アロマテラピーのエッセンシャルオイルも、家の中で香らせるのではなく、
外で風に吹かれて、どこからともなく自然に乗ってくる香りが一番、心の底から素敵だなぁ~と思う事が多いのです。

不思議ですねぇ。

やっぱり自然界の中で活きてきた香りだからでしょうか?

爽やかで本当に癒されます。

ディフューザーとかもありますが、私は風に吹かれてどこからともなく香ってくるというスタイルが一番好きです。

でも、これって、我が家が田舎だからできる事かもしれません。

アロマエッセンシャルオイルを『自然界』の中で香らせるなって、逆に都会では、なかなかできない事のような気がします。

特別な事ではなく、こういう時間が自分にとっては大切な事なのだなぁとつくづく思います。

平安時代からある昔ながらの練り香も、壺の中で熟成させられるので、

アロマエッセンシャルオイルをブレンドして作ってみると

絶対に趣深いものが出来上がるハズと思っています。

時間をかけるとか、自然に任せるとか、人間がコントロールばかりできないところで

育つものがある=しいてはとってつけたような目の前にある成長とか豊かさではなく、

本当の豊かさ=本当の心地よさとかがあるように思います。


ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう

スポンサーサイト



テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

消えた香りの行方



英国KOBASHIのサイトが素敵にリニューアルしていました。

秋からがアロマテラピーに最適な季節です。

フラワーエッセンスのバッチ博士の魂にはケルトの伝統が活きていたと思うけど、

フランスグラース香りの世界もケルトの伝統が活きていたんだなぁ~とつくづく思った。

そうグラースの香りの伝統は、17世紀、18世紀の履歴を残さなかったという事

あぁー、ここもか・・・・と思った。

ケルトは文字を残さない・・・・。

18世紀のフランスの香水の会社の瓶とかラベルとか

本当に素敵なものが多く驚くのだけど、

真実は分からないものもあるのだなぁ~と・・・・。

香りの都、グラースは二度の世界大戦によって、色んな事を手放した。

香りの世界は職人から、産業の革命によって化学と合成に移行し、
激しい競争にもさらされた。

そして同時に手放す事によって香り植物は世界に拡がった。

例えば、オーセンティックなラベンダーというと、フランスのマルティム県、プロヴァンス県
ドローム県とか、スペインとかの一部にある自生しているラベンダーの事だと思うけど、

今やラベンダーはブルガリアや英国、オーストラリアetcetc色んな地域でも栽培されている。

だから現在は、世界中のたくさんの人々がラベンダーの精油を手にすることができるようになった。

人間の争いの歴史が、心地よい香りの世界をも培ってきたという、皮肉な話だけど、

人生は謎ときって話は、ケルトの伝統にも繋がる。

現在のシステマティックな世界は経済が循環するように創造された壮大な虚構のような世の中だと思うけど、

ただ人間はその箱の中で日々の生活を営んでいるからこそある種の本質からはどんどん遠ざかっていくのだろう・・・。

再びやってきた五感星座の牡牛座に天王星の時期
(過去、牡牛座天王星といえばニューディール政策ののち、第二次世界大戦がはじまった時期と重なる)

自然界は実際には全てを100%さらしていて与えており、それをキャッチしないのは人間側の方で、
消えた伝統の香りは再び何を人々に思い出させるのだろうか?

PS ・・・・という事で、フランスマルティム県の1800メートルの野生ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)をどうしても嗅いでみたく、購入しました。無事届けばと思います。ひょっとしたら、ご希望の方には、ご紹介できるかもしれませんが、まだ未定です。


ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう

アロマテラピーの世界

地味にやっているオレンジリーフアロマショップですが、
今年はなんとなくアロマテラピーが熱いかもしれない?と思ってしまいます。

気のせいかもしれませんが・・・・(苦笑)

新年からはじめるアロマテラピーも良いですよね~。

アロマテラピーも一時期のブームは過ぎ去っているのかもしれませんが、
やっぱり香りの世界は奥深いと思います。

アロマの世界から、一度離れた人も、二度離れた人も、リターンしてきても、さらに奥深さが増す世界ですし、
手作り化粧品やルームスプレーやお香すらも手作りで作れるというアロマクラフトなどもできるので、
何か始めてみよう!と思われる初心者の方にも最適です。

地球という過酷な環境の中で、
その植物が生きてきた世界観が香りの世界に反映されるのが面白いんじゃないのかなぁ~と思います。

だってその年のロットのエッセンシャルオイルやエッセンスは、その瞬間にしかできない香りの世界ですから、
二度と同じものは無い訳です。

人工の香りの世界だと調整が入りますが、
天然だと、その年の気候だとか、太陽の光の波長とか、日照量とか、風とか、雨とか、温度とか
栽培だと、人の手が入るので、どういうところで、どんな風に育てられたのか?とか

それを育てている人や蒸留者がどんな気持ちで植物に接してきたのか?とか

収穫も手摘みなのか、機械で刈り取られたのか?とか、

蒸留も銅製の蒸留窯なのか、それともステンレス?とか、小さいところだとガラス製もありかも?とか
(ちなみに銅を通る事で、ものすごく美しいブルーになったりするものもあるよう・・・こういう変化も面白いと思う)

もう無数の要素がそのエッセンシャルオイルの世界に反映されるというかと思うと

単なる香りの小瓶とかって事では決して測れない世界がそこに広がっているんだなぁと思います。

アロマのエッセンシャルオイルを嗅いだり、
トリートメントで使う事で、それがバイブレーションとしてその人に伝達される。

こういう事を鑑みると、やっぱりプロの方ほど、どこのでもいい訳ではない!となるのも当然かと思います。

アロマテラピーの世界では単なる香りの合成品では期待するような結果は得られる事は無いのですから・・・。

そういう意味では市販のデオドラント製品とかフレグランスや香水の世界とは違うアロマテラピー独自の世界観だと思います。

アロマテラピーは
そんなに難しくはありません。

ちなみにもし何からどうしたらいいのか、一切、分からない方には、

アロマテラピーの教科書という本を手にとって下さい。




危険性や注意点も分かりますし、
お値段も高くないですから、最初の1歩は、こういった書籍を参考にしても良いかもしれません。

知っているようで、知らないアロマの世界、改めて覗いてみませんか?


ポチよろしく♪


その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル
英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


blog_import_592d2032dee76.gif

オレンジリーフアロマショップへようこそ

オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね

アロマテラピーをやるなら、
やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよと言う事で、さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう

キンキンに冷えた冬のお風呂にはライムのエッセンシャルオイルを

叔父さんは亡くなりお葬式初七日も終わり後は納骨だけですが、手続きの件で、まだまだゴタゴタしていますが・・・・

でも日常は当たり前のように日々過ぎ行く訳で・・・

そんな中で役立ってくれたのが、今年はライムのエッセンシャルオイルでした。

ライムは、KOBASHIの柑橘系水蒸気蒸留法がまだ販売されていなかった時期に、よく売れていたものです。

ライムはコールドプレスで抽出されたものではなく水蒸気蒸留法のものなので、光毒性、光感作がありません

今回、手元にあったのがライムの水蒸気蒸留法のみで、

じゃあこれをお風呂の入浴で使ってみようと今季の冬のお風呂

今年は異様なほど寒い日々が続いていた為

我が家のお風呂は凍死レベルの寒さ

なにしろお風呂の戸が凍って開かなかったから、、、、

窓ももちろん薄っすら凍りが張っている状態

そんなお風呂に、ライムを滴下すると

な~んとライムそのものの素晴らしい香りがたって感激

そうか、キンキンに冷えた空気の中での冬のお風呂にこそライムだったのねぇと感心

これ夏にやっても、ここまで香りがたつって事が無いと思う。

ライムって氷と冷えたグラスにこそマッチするというかフィットする果実ですものね~

そういう事か・・・・

・・・でライム風呂に入ると、元気になる

あぁ、またもや人生を救う精油よ、ここにありだわ~

ライムってほんとっ素晴らしい

人生には色んな事が起こるけれども、だがしかし、そこでもやっぱり日常を『香り』が助けるのよね~

改めて、改めて、やっぱりKOBASHI最高と冬の寒いお風呂の中でライムの香りに浸るのだった

ポチよろしく♪




その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう








テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

我が家のティーツリーが切れてしまったので

ティーツリーの精油(エッセンシャルオイル)は我が家ではもうずっと長ーく使っている精油の1つになります。

こんな万能な精油ってないよね~って思います。

ニキビや吹き出物、虫刺され、傷や火傷の際、打撲、うち身などの時に使うミツロウ軟膏に手作りクレイ歯磨き粉に

掃除洗濯に、手洗いのハンドソープの中に、時にはボディーソープの中に

バッグのカビ取りに

牛舎の清浄化に、牛糞に竹酢液とブレンドして撒くとか

他にもエトセトラetc・・・・です

もう便利すぎてドンダケーと思います。

凄いよねティーツリー

そういう訳で、使用頻度の高い精油の為、

瓶の底を見ると少ししか入ってない・・・・・事に、昨日気づきました・・・・

ありゃりゃ、もう尽きる・・・・

購入しなきゃだよ・・・・・

そう思い、

そうだなぁ~、ここら辺で、ちょっと別のメーカーのものを購入してみようかなぁ~とふと思い立ちました

・・・・で、あぁ、そういえば、ティーツリーね、プラナロム使った事なかったよね・・・・
(こうやって時々別のメーカーのものも使いながら比べてみる・・・・)

・・・・でも日本のはもちろん高い・・・っていうか、

これが日本価格ですよねぇ、10ml、3132円ナリ

フランスとかドイツとかの精油は日本で購入する場合は高い場合が多いのですが

そもそもが輸送コスト等諸々を入れたら、これぐらいの価格(日本価格になる)はとってもフツーなのですが

・・・でどうしたのかというとフランスでポチりました。

ラポステのトラッキング付き当日出荷してもらいましたが、どの程度で到着するかなぁと思っていますが、

過去フランスから個人輸入していた時には5日から2週間が多かったような気がしますが、

たぶんイギリスやドイツとあまり変わらないかなぁと思います。

ティーツリーもうすぐ無くなるので、早く到着して欲しいです。

プラナロムは日本では鉄板中の鉄板の精油かと思います。

フランスでは、どこにでも置いてあるハズ(プラナロム取り扱い店が無数にある)

でも、日本では、価格で断念する人も多いかも・・・特に利用価値の高いマイナー精油は6000円以上とかしますしね・・・

メディカルアロマといえばフランスってイメージが定着しているからでしょうか

日本では成分分析表もついていて信用度が高いのかなぁと思います。

ただフランスからは届くものには成分分析は無しですが・・・

・・・で、もし、こちらのサービスが良かったら、
依頼があればですが、個人輸入代行も受け付けようかなぁと思っています。

私はもちろんKOBASHIの愛用が今後もずっとメインである事には全く変わりは無いのですが
(なんといっても私はKOBASHI 永久 LOVEの人ですから)

でもKOBASHIにはない精油だけど、利用価値が高くて使える精油が、
フランスベルギー他国とかイギリスの他メーカーには置いてあるという場合もありますから・・・・
(最近このあたりの事を検討中)

例えば、珍しい精油のマスティックツリーとか

マスティックツリーってギリシャのとある島のみに自生する植物なので、フランスやベルギーとかギリシャに近いところの欧州国にしかあまり置いてないんですよね~

この精油なんか、マイナーだけど、口腔ケアなどに利用価値の高い精油なんですが

随分色々と探して検討したりしたのですが、どこも送料が高すぎるんですよねぇ・・・・

・・・・でプラナロムのフランス正規代理店からなら購入できそう・・・・


そして、続きですが、

注文から8日目にしてフランスからプラナロム精油が届きました。

プラナロム個人輸入1

フランスからなので、ちょっと心配したのですが←これどういう意味かしら・・・(苦笑)
箱もキレイなまま届きました。

プラナロム個人輸入

中身もプチプチは無いものの、キレイに入れてありました。

時々こうやって他のメーカーのものも利用してみると違いも分かるし良いですよね~。

ティーツリーはKOBASHIに比べるとややツーんとした感じがあります。

香りにまろみがあるのがKOBASHIの方です。

グレープフルーツはフレッシュな感じがするのがプラナロムの方でしたが、これはKOBASHIのグレープフルーツは
学名シトラスパラディッジではなく学名シトラスグランディスの方なので違うのですよねぇ、
大人しいグレープフルーツの香りみたいな感じです。

こうやって別のメーカーのを使うのも楽しいですね。

現在は日本ではたくさんの海外メーカーの精油も試せるようになったので、色々使ってみると面白いと思います。

プラナロムに関してはまだお申し込み用サイトなどはありませんが、お問い合わせ頂ければ個人輸入代行は可能です。


ポチよろしく♪



その人の人生を高める為のアロマエッセンシャルオイル

英国KOBASHIのアロマエッセンシャルオイル(精油)ご注文承っています。


オレンジリーフアロマショップへようこそ


オレンジリーフアロマショップでは、英国KOBASHI社より、良質で生命力溢れるエッセンシャルオイルやキャリアオイル、クレイ、フローラルウォーターなどのアロマ商品を英国より直接お届け致しております。よろしかったら覗いてみて下さいね



アロマテラピーをやるなら、

やっぱり植物の持つ精妙な波動、そしてそのものに宿る生命力が大事だと思うのよ
と言う事で


さぁアロマテラピーの扉を開けて、大地いっぱいのエネルギーに触れてみよう







テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

プロフィール

オレンジリーフさん

Author:オレンジリーフさん
アロマテラピー愛好家、AEAJアロマテラピーインストラクター。アロマ大好きで英国KOBASHIのエッセンシャルオイルの個人輸入代行をしています。KOBASHIの精油は透明感のあるピュアな香りです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ご注意
こちらのブログでは、アロマテラピーなどの日々の体験談を記録しておりますが個人でご使用された際の、当方での一切の責任は負いかねますので病気や健康不安等ある方は、医療機関及び専門家への受診をお願いいたします。
アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR